FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓↓ランキングの応援お願いします♪↓↓

アダルトブログランキングへ

↓↓遊んでくれる女の子を探すのに使ってます↓↓
ハプニングバーに一緒に行く女子を探すには

主との出会い

主との出会い。私にとって何度も整理して何度も嬉しくなる出来事。
このブログを始める切っ掛けなんて簡単。惚気たいだけなのでしょう。

最初の出会いはTwitter。ハプバーに通い始めて調子に乗った子がすることなんて
Twitterでハプバー検索して、引っかかった人を片っ端からフォロー。
その中でも文体から落ち着いてて冷静なのに微かに残る執着。
なんてかっこ良く言っても仕方ないですが、なんとなく引っかかりを覚えたとある方にリプを送りやり取り。

こう見えてもTwitterで出会いを考えないというのは最初から決めていた事。
ちらほらと変態の話や音楽の話を交わし、その人が好きだというものは好きになり、
その人と話している人も好きになってた。

何よりもこんな私と話してくれる人がいるというのが、とても嬉しかったのだ。

話は変わって私は音痴なので、他人のカラオケに行くのが苦痛だ。
中学の悪友共は音大行ってたり、バンド組んだりで上手い分余計につらい。

なので、私は一人でカラオケに行って好きなバンドの曲を下手に歌うのが好きだった。
そんなあらましを呟くと乗ってきたのがその人。

出会いは考えていなかったものの、ハプバーに新しい女の子を連れて行ければと
出会い厨まんまの気持ちで会うことに。

カラオケでは本当に酷かった。
多分、予想以上に私が下手だったのと口下手だったのとガキだったのと。
その他もろもろ。冷えきった空気に私は胃が痛くて、慣れない事はもうしないと強く誓っていました。

どうにか少しは楽しんで貰わないと・・・と変態話を振って、色々試してみたものの無反応。
もう、何の希望も抱けない状況に出た言葉は「私の首を締めて見てください。」

そして首を締めてきたその方の瞳に私は釘付け。
心臓が一瞬で脈打ち、今この場で殺して欲しいと初対面の方に自分をすべて委ねてしまったのです。

それが最初の物語。
この世に神がいるならば、私の堕落は必然で主に捧げられる為の供物だったのだろうと。
今では思ってる次第なのです。
関連記事

↓↓ランキングの応援お願いします♪↓↓

アダルトブログランキングへ

↓↓遊んでくれる女の子を探すのに使ってます↓↓
ハプニングバーに一緒に行く女子を探すには
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。