FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓↓ランキングの応援お願いします♪↓↓

アダルトブログランキングへ

↓↓遊んでくれる女の子を探すのに使ってます↓↓
ハプニングバーに一緒に行く女子を探すには

諾々論

どうも千夏です。

久々のSM記事ですが、今日は論を張ってみる。
といっても不明だし浅学なのでお目溢しを願いたい。

sm.png

この記事を読み進めるに辺り一つだけ頭に留めていただきたいことがある。
「私には性癖が無い」のだ。
たとえ、水に沈めるのが楽しい。針を刺すのが楽しい。犯されるのが楽しい。涙を見るのが楽しい。
痛めつけるのが楽しい。痛めつけられるのが楽しい。
そんな事があったとしても「私には性癖が無い」のである。

どれ一つ取っても必須項目ではないのだ。
若干アナルの疼きを感じることはあってもw


さて、私がSMに感じているものは「壮大な厨二病」である。
というと、反発される方もいらっしゃるかもしれない。
あくまで私の考えだし、SMをしていらっしゃる方達を卑下するものではない。

純然たる事実として現代日本において公言できるSM・私達の大半がしているSMは設定に身を任せた内容なのである。
奴隷契約を結んでるなんて言ったって簡単に破棄できるし、そもそもが成立していないのだ。
私は違うという方もいらっしゃると思うが、基本的人権が保障されたこの日本ではそんなものタダの設定なのだ。


だからこそ作り上げた世界は完璧であるほど陶酔できるし、背徳なのだ。
SMなんて貨幣と同じで幻想に過ぎないし、貨幣と同じで信じれば信じるほど強いし楽しいのだ。

あくまで信頼が大事であるというのはここに依るものなのだ。
信頼してついて来いなんて言葉は信頼させてから吐くのが当然なのだ。
M女は俺を信頼してれば良いんだよなんて通らないのだ。
なんせ、我々は現実の社会からその幻想に潜るのだから。

そして私はそんな遊びが大好きで没頭してしまうのだ。
関連記事

↓↓ランキングの応援お願いします♪↓↓

アダルトブログランキングへ

↓↓遊んでくれる女の子を探すのに使ってます↓↓
ハプニングバーに一緒に行く女子を探すには
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。